<修道の歴史>    沿革、修道の由来、教育方針、現在の校舎             

1.沿革

年代 出来事
1725年(享保10年)11月4日 広島藩主浅野吉長、白島稽古屋敷の一部に「講学所」を創始し、寺田臨川が総督
1734年(享保19年) 「講学所」を「講学館」と改称
1863年(文久3年) 山田養吉(十竹)を塾頭に登用
1870年(明治3年) 学問所を城内八丁馬場に移し、新たに「修道館」と称す
1878年(明治11年) 浅野長勲が泉邸内に「私立浅野学校」を設立し、「修道館」を継承
1881年(明治14年) 山田十竹を校長とし、「修道学校」と改称する。
1886年(明治19年) 山田十竹は「修道学校」の経営を浅野家より引き継ぎ、自宅で教授
1907年(明治40年) 南竹屋町へ移転
1926年(大正15年) 南千田町に移転
1945年(昭和20年) 原爆により校舎の大部分が倒壊
1947年(昭和22年) 学制改革により新制中学校を設置
1948年(昭和23年) 修道高等学校を設置


2.『修道』の由来


            


3.教育方針

        
知徳併進 
                      (知を深め、こころを磨く)
                       (知に偏することなく、人間として豊かな心を備える)

        質実剛健
                      (かざり気なく、真ありて、強く正しく)



4.現在の校舎                                      航空写真はこちら